ABC35夢のコンサート

 いくつかの学校で使用した台本をまぜて掲載していますので、必要な部分を選んで使ってください。
 寸劇は2人でやるものから11人でやるものまで、また長めのもの短めのものなどいろいろあります。セリフの割り当てを変えれば、人数を増やしたり減らしたりもできると思います。
 いろいろ工夫してやってみてください。

ABC35夢のコンサート台本(はじめのパターン1)

はじめ<1>
幕前 上手よりA歩いて出てくる。下手より派手目のファッションのB急いで出てくる。中央付近で出会う。
あれ?Bくん。何を急いでるの。
え?何言ってんの。今日は、あの有名なABC35のコンサートの日だよ!
え、それならぼくも行くところだよ。いっしょに行こう。
行こう行こう!
それにしても、Bくんの今日のファッション決まってるね。
そうでしょ。今日のコンサートに行くために用意したんだよ。(くるっと一回まわってポーズを決める)どう、イケてる?
うん、イケてるイケてる。さいこーだよ。(親指立てる)
さあ、早く行こう!もうすぐ始まるよ。(二人幕の中に入るとまもなく幕があく)

ABC35夢のコンサート台本(はじめのパターン2)

はじめ<2>
幕前、司会者ABが下手よりすたすたと登場し幕前中央へ
みなさん!今日はABC35の夢のコンサートへようこそいらっしゃいました。
今人気絶頂の、ABC35がついに、ここ○○小学校大ホールでコンサートを開きます。
楽しいコンサートになるよう、小さいお子さんは会場を走り回ったりしないように、また、携帯やスマホをお持ちの方はマナーモードにしてくださるようにお願いいたします。
ではいよいよ、夢のコンサート・・・。
AB(両手を伸ばして肩の高さよりあげて高らかに)はじまりまーーーす!(幕が開く)

ABC35夢のコンサート台本(中のパターン1)

中<1>
それではここで、ファンのみなさんとの交流のコーナーがあります。(司会者去る)
前中央から下手側女子3、上手側男子3横一列に並ぶ(ファン女子3人下手から登場)
フ1きゃーうれしー本物にあえたー。
フ2私「女3」さんのファンです。
フ3私は「女1」さんのファンです。総選挙でセンターに選ばれておめでとうございます。
フ1「女2」さんにぷれぜんとでーす。
フ2今日のコンサートもがんばってください。
フ3ずっと応援してます。
女1ありがとうございます。
女2今度シングルを出すことになったので応援してくださいね。
女3今日は来てもらえてとてもうれしいです。
男1ちょっとなんだか女子ばっかりでもりあがってるじゃない。
男2そうだよね。男子も少し仲間に入れてよ。
男3いつも自分たちばっかり・・・。
女1何行っているの男子なんか、このグループのお荷物でしょ。
女2そうそう、指揮者だってピアノだってみんな女子ががんばってるし。
女3男子なんかいなくてもいいよね~
フ全そうそう!
男1俺たちだって楽しくやりたいよ。
男2あ、そうだあのネタやったらウケるよ。
男3そうそう!(男1に)あれだよあれ!
女23何やるって言うのよ!
男1じゃあやるよ。(その時にはやっているギャグをやり始める。「でも、そんなのかんけえねえ!」「ドドスコドドスコ」のようなすぐ分かるもの)
女1(ギャグをやろうとした男子を片手で突き飛ばす!)
男全(将棋倒しに次々転ぶ。口々に「いてっ!」「何すんだよ」「ひでえ!」などブツブツ言う。)
女1そんなださいネタやらなくていいわよ。
男全何、自分たちだけ勝手なこと言って(「そうだよ」「ひどいよ」など口々に。)
(あわてて出てきて男子に)まあまあ、みなさん、そんなに怒らずに・・・
男1何!おまえどっちのみかたなんだよ!
男2ちょっと待った!。こんなときは先生にどうしたらいいか聞いてみよう!
男3そうだね。それはいい考えだ。
じゃあ、ぼくが呼んでくるよ。
(奥から先生出てくる)
なんだい君たち、仲間割れをしていたらだめじゃないか。
女1だって、男子が文句言うんです。
男1何!男子はいらないとか言ったのは女子だろ!
まあ、待ちなさい。これをみなさい。(紙を広げると「人」と書いてある)
女2「人」って、書いてあります。
この字を見て、気がつくことはないかな?
うーーん(と考える)
男2あ、なんだか、棒が2本あるように見える。
女3うん、長いのと短いの。
男3そして、その2本の棒がささえあっているように見える。
よく気がついたね。これを見て、あなたたちがどうすればいいか、考えるんだよ。
(みんな首をひねったりして、ちょっと考える)
男1わかった。この2本の棒と同じように・・・
男2ぼくたちも男女協力してささえあわないといけないんだね。
そうか!協力し合うことが大切なんだ。
さすがは、素直でものわかりのいい○年生だ。君たちはもう大丈夫だ。じゃあ力を合わせてがんばるんだよ。
女1先生、ありがとうございました。(先生去る)
男1よし、じゃあ、みんなでまた合奏(合唱)しよう。
ふーやれやれ、どうなることかと思った。(額の汗をぬぐう)
では準備ができましたので「○○(曲名)」をお送りします。

ABC35夢のコンサート台本(中のパターン2)

中<2>
次は○○(曲名)をお聞きいただきます。準備に少し時間がかかりますので、その間、私たちABC35のトップアイドルAさんにインタビューをします。
アナAさん、ABC35のメンバーになってうれしいかったことは何ですか?
えーっと・・・。コンサートで日本中あちこちにいけることかな。今日もこんなすてきな歴史のあるコンサートホールで演奏できてとても幸せです。(会場の建物に合わせたセリフ。わざと逆を言ってもおもしろい。古い建物なら「真新しい」と言ったり。)
アナそれじゃあ、メンバーになって苦労したこととか、困ったことはありますか?
えーっと・・・。あ、そうそう、ファンのみなさんからたくさんファンレターをいただいているのに、忙しくてなかなかお返事が書けないのが悩みです。
アナそうですよねー。私もなかなかお返事書けないんです。あ、またファンの方が・・・
ファきゃーーー。(数人のファンが登場し、花束・プレゼント・手紙など手渡す)握手してください。(A握手する)きゃーうれしーーー。(去る)
アナファンのみなさんは本当にありがたいですね。では、準備ができましたので、○○(曲名)をお聞き下さい。

ABC35夢のコンサート台本(中のパターン3)

中<3>
司1次は○○(曲名)をお送りします。準備のため少々お待ち下さい。その間にAさんがとっておきの隠し芸をお見せします。
司2Aさんは、手品(ジャグリングとか何かできることがあれば何でもよい)が得意なんですよね。
そうなんです。簡単な手品だけど・・・はいっ!(チャイナリングつながる)
司1すごい!(チャイナリング受け取る)つながっちゃいましたね。ふしぎ。いったいどうして手品なんかできるようになったんですか。
えーと。ぼくが小学校のときの○○先生がいつも手品を見せてくれる先生だったんです。ぼくもあこがれて手品の練習をしたんです。(チャイナリング受け取ってはずす)はいっ!
司2あ、すごいですね~。(司会者2人が拍手して観衆に拍手促す)
司1あ、手品を見ているうちに、もう次の演奏の準備ができたようですね。
司2それでは○○(曲名)をお聞きください。

ABC35夢のコンサート台本(終わりのパターン1)

終わり<1>
(次の曲の準備中にAとBがステージ上の前の方に出てくる)
ねえねえ。知ってる?
何?
次の○○(曲名)が最後の曲ってことになってるけどね、もう一曲多く聞く方法があるんだよ。
え?どうするの?
その曲が終わった後、アンコールって叫んだり、いっぱい拍手したりするんだよ。そうするとABC35のみんなが、アンコールにこたえてもう一曲演奏するんだよ。
え、そうなの。じゃあ最後の曲が終わったらいっぱい拍手してもう一曲聞いた方が得だね。
そうそう、いーっぱい。拍手するんだよ。
うん、わかった。(AとB引っ込む)
それでは、最後の曲。○○(曲名)をお送りします。
(最後の曲を演奏し終わる。演奏後、アンコールを叫んだり大きな拍手をするよう事前に保護者などに根回ししておく。)
(アンコールに対して)盛大な拍手をありがとうございます。それではアンコールにお答えして、もう一曲○○(曲名)を演奏します。(演奏する)

ABC35夢のコンサート台本(終わりのパターン2)

終わり<2>
司1今日は私たちのコンサートに来ていただいてありがとうございました。
司2また来年、お会いしましょう。(6年生なら「またいつかどこかでお会いしましょう。」)
みんなで元気よく手を振りながら(幕)


編集・印刷用
xlsxファイル
ダウンロード

編集・印刷用に!

xslsファイルでダウンロード →

楽しい子どもの劇Topに戻る

お問い合わせ
こちらから

編集・印刷用台本
xlsxファイル
ダウンロード

練習・上演の
参考資料

丸めしマン
Web Link

Ackey
No Link

やる木 げん木
こん木 森
No Link

シルバー銀ノ介
Blog Link